「ほっ」と。キャンペーン
<< ス.Walkin' W... モ.桃の蕾が綻ぶ頃に >>

セ.最後のイニシャルの女の子

やぁミチル、メールありがとう・・・そして、第一志望合格、本当におめでとう!
この前は少し早い桜の花を送ったけれど、これで本当のサクラサクだね。
カケルの奴は・・・まぁ、一応市内の県立高校には合格したんだけれど、
ミチルと離れてからすっかり元気が無くなって・・・尤も、相も変わらず
馬鹿げた事ばっかり言ってみんなを困らせ・・・楽しませているけどね。

そう言えば、ミチルとカケルは去年の秋に二人で川の向こうにある
パン屋さんまで・・・自転車で行ったんだってなぁ!!お前、確か
退院したばかりだったけれど、身体の方は大丈夫だったのか?
あの後、カケルの奴、本当に嬉しそうに語っていたんだぞ・・・
ところでミチル、“わらしべパン屋の花火大会”って何だい?

でも、引っ越す前にいい思い出ができて本当によかったなぁ・・・


あのなぁ、ミチル・・・君に大事な二つの事を伝えておきたいんだ。

まず第一に、先生な、この春に転勤で足利を離れる事になったんだ。
ミチルも足利から離れてしまって・・・足利に残るカケルともお別れで・・・
少し寂しいけど・・・これで三人ともバラバラになってしまうんだよなぁ・・・

あともう一つなんだけど、ほら、先生が続けてきた花とカフェのブログ・・・
ミチルも楽しみに見てますって言ってくれたあのブログ、次で終わるんだ。
「イロハ」順に花を紹介してたけれど、遂に最後のイニシャルまできたよ。
その前に、最後のイニシャルの花を手に入れるのにどうしても行かなくちゃ
ならないパン屋さんがあってね・・・ミチル、この最後の2回は絶対に君にも
見て欲しくて、こうして綴っているんだけど・・・君は本当に勘が鋭い子だね。


e0183009_1391988.jpg

e0183009_1393637.jpg



彼がつくばを訪れる際に必ずと言っていい程掲載していたのがこの城の写真だった。

栃木県方面から国道294号線をひたすら南下していくと向かって左手に見える
筑波山と入れ違う様に前方右手に忽然とその荘厳な姿を現してくるのだった。
どうやら市の公共施設で歴史的建造物では無いらしいのだが、この完成度、
更にこの大きな天守閣の周りに点在する櫓群を目の当たりにした僕は、
彼ならずともカメラに収めたくなる気持ちも分らないではなかった・・・

そう言えば、半年前にも同じ場所でそんな事を呟いていたっけ・・・
そしてもう一つ、つくば市内に入り国道408号線を進んで・・・


e0183009_13172123.jpg



一見したところ単調極まりないようにも感じられる、国道408号線に沿って南下する
果てし無く伸びるこの並木道の風景。だがこの街、つくばでは見慣れた筈の風景も
彼の手にかかれば春夏秋冬、四季折々で街路樹が見せる豊かな自然の表情を、
まるで一枚の絵葉書のように切り取って、これから始まる夢のようなひと時の
プロローグのひとコマとして、無くてはならない風景に昇華させていた。

城郭と街路樹・・・全く関連性は感じられないのに、もう既に・・・
そして、僕も彼の背中を辿って此処まで来たんだって・・・


e0183009_1319998.jpg

e0183009_13192447.jpg



何処までも続いてゆくと思われるこの街路樹とも、暫しのお別れがやってくる。
工場と住宅地が混在する、地方都市の郊外によく見られるシチュエーション。
目印が無いと通り過ぎてしまいそうな交差点を住宅地方面へと入っていく。

程無くして(これも上記のシチュエーションにはお約束なのだが・・・)
小さな公園へと辿り着くが、この場所には特別な思い入れがあった。
僕にとっての思い入れは公園じゃあないんだ・・・直ぐ側に咲く・・・


車を停めて公園の脇の歩道へと僕は歩み寄った。昨年の夏の事だった。
未だElvis Cafeをスタートさせたばかりの頃・・・揺るぎ無い信念の・・・
そう、絶対に彼の下に辿り着くんだって誓った思い出の場所に・・・
今、こうして最後のイニシャルを求めて再びやって来たんだよ!

でもその前に、彼の日記に度々登場するあの花を紹介しなければ・・・
ほら、枯れる事も、折れる事も無く・・・皆の視界の外れで咲いている・・・


e0183009_13195286.jpg



「セイヨウタンポポ」


厳密に言えば恐らく在来種のカントウタンポポと交配された雑種であろう。
海外からの種の混入によって従来からその地に存在していた固有の種が
絶滅の危機にあるという事実は、何も動物や魚類に限った話ではない。
昨年の秋だったか、渡良瀬遊水地の土手を淡い黄色で覆いつくした
セイタカアワダチソウという背の高い草花を紹介した事があったが、
あれも外来種による生態系の破壊の、典型的な例の一つだった。

話を戻そう。僕はこのElvis Cafeの物語でArnold日記に度々登場した、
黄色の細かい花弁を身を寄せ合って佇む君を何時か紹介したかった。

あの世間から打ち捨てられた、忘れ去られた寂れた通りの片隅で、
まるで時が経つのを止めてしまったかのようなセピア色の路地裏で、
Arnoldが旅立つ直前の、最後の晩餐に選んだあの橋のムコウで、
季節も場所も関係無く誰にも邪魔されずのんびりと羽を休める君。


控え目に着飾った小さな黄色い羽を永遠の旅立ちの衣装でもある
真っ白な羽毛に着替えてしまうには、如何やら間に合ったみたいだ。

彼に会う前に、君の姿を絶対に僕の眼に収めておきたかったのさ。
この数ヶ月間、Elvis Cafeと共に歩んできた愛用のカメラに君を収め、
公園の歩道をに別れを告げると直ぐ先の曲がり角に見えてくるんだ・・・


e0183009_15344569.jpg



david pain


ハッキリとそれと分かる周りの景色に良く映えるグリーンのサイディングの一軒家が・・・
明るいブラウンのウッドデッキに真っ白な窓枠、スッキリとした意匠の2階建ての
真ん中には誇らしげに・・・でも何となく可愛らしい“david pain”の白い文字。

“パンの街”と称されるつくば市で、僕が知っているたった1軒のパン屋さんは、
つくばの市街地からうんと離れた住宅街の只中に、のんびりと店構えていた。


e0183009_13225961.jpg



 davidさん、昨年の夏以来、大変ご無沙汰しておりました。
 お身体の方はお変わりありませんか?



入り口の扉を開けた瞬間、対面式のカウンター兼パンの棚の向こう側から満面の笑顔で
出迎えてくれたdavidさんに、僕は確かこのようなありきたりの挨拶を交わしたのを覚えている。


 今日はdavidさんの作る美味しいパンとお菓子を購入しに・・・
 そして、あの夏の日の約束を果たしにお邪魔しました。



あの夏の日の早朝と全く変わる事の無い、ゆったりと穏やかな空気に包まれた店内は、
davidさんが見せる人懐っこい笑顔と同様に、長旅による疲労と緊張を解きほぐしてくれた。


e0183009_132462.jpg



全く飾りの無いシンプルで素朴なナチュラルウッドのパンの棚の窓からは、
毎朝早くからdavidさんが丹精込めて焼いたパンが丁寧に並んでいる・・・

・・・筈だったが、Openから丁度3年が経ったこのブーランジェリーは、地元は勿論、
関東全域・・・更に全国のパン好きな人々にも注目される存在へと既に成長しており、
僕が訪れたのは平日の午前中だったにもかかわらず、半分ほどしか残っていなかった。


それでもラッキーな事に、店のブログで気になっていた季節のお菓子を手に入れた。


e0183009_13242074.jpg



いちごのタルト


まるで宝飾店のショーケース越しに眺めるジュエリーのように艶やかなルージュの輝きで
一瞬にして僕を虜にしてしまったのは、地元つくば産のフレッシュな苺の潤んだ表面だった。

前回の訪問時にウッドデッキのテラスで頂いたマカロンが忘れられなかったので、
今回も是非、此方のカフェスペースでスイーツと一緒にのんびり寛いでいたかった。
そしてこのタルトに一目惚れした僕は、早速オーダーして更にケースの中を覗き込んだ。


e0183009_13251398.jpg



有機抹茶のフィナンシェ


彼の日記にも登場した渋いグリーンがかえって印象的な定番の焼き菓子。
和菓子を彷彿とさせる微妙な色合いの焼き加減を作り出しているのが
他ならぬフランス人のdavidさんだなんて・・・彼も敬服していたなぁ・・・


e0183009_13324741.jpg



横長の店内の端に設えたカフェスペースはお世辞にも広々とは言えないが、
不思議にも、実際のスペース以上に寛ぎと安らぎが感じられるのだった。

カウンターに並んだ白いカバーのハイチェアーは、彼が初訪問の際に座った場所だ。
そして僕もまた、彼の後に倣うかのようにこの白いチェアーに腰掛ける事にした。
右手のコルクボードに貼られた各種フライヤー・・・つくいちの噂は届いてるよ!


e0183009_13395699.jpg



此方にはシックな印象の半円のテーブル席があり、その上に掛けられていたのは・・・


e0183009_1342558.jpg



右側の、まるで天空の城ラピュタみたいな建造物は、かの有名なモンサンミッシェル・・・
そう言えば、フランス人のdavidさんが風土も文化も全く異なる此処日本の、
しかも地方の都市で生活していくのだから・・・さぞ心細かった事だろう・・・

おや、隣りの絵画は何処かの街の路地を切り取ったみたいだけれど・・・


  実はこの二人、私と妻なのです・・・  


昨年の夏にも目にした筈の絵画だったが、まさかこの二枚が奥さまのお父様によって
描かれた作品であり、この寄り添ってモンマルトルの丘を歩いてゆく後ろ姿の男女が
davidさんと奥さまだったなんて・・・それにしても、何てロマンチックなのだろう・・・

実際には一瞬だったかも知れないが、この絵をすっと眺めていた気がしていた。
そう、davidさんには愛すべき奥さまと、ご家族の皆さんと、それにdavidさんが
焼くパンを楽しみに待っていらっしゃるファンの方々・・・みんな一緒なのですね!!

そして何よりも、davidさんと奥さまの間には二人の愛くるしい・・・
そう、僕は此処までお願いをしにやって来たのだった・・・


e0183009_13424227.jpg

e0183009_13443145.jpg



いちごのタルト


持ち帰るパンの他に店内で頂くスイーツが、昨年の夏以来の僕の密かな楽しみだった。
実はこの組み合わせにしても、Cindyがこのdavid painで必ず行っている事だった。

そして、今回僕が楽しみにしていたスイーツが、この“いちごのタルト”だったのだ!


本格的な天然酵母の食事パンを焼くdavidさんの事だから、甘い物は・・・
と、当初思っていたのだが、流石はスイーツの本場、フランス出身の職人、
“甘い物はしっかりと甘くないと美味しくない!”ってきたもんだだから・・・

フレッシュでジューシーな甘酸っぱい果汁が溢れんばかりの大粒の苺に、
滑らかでとろんとした舌触りが何とも言えないカスタードが絡み合って、
そのほんのりとした卵とミルクのまろやかさが苺にマッチしてゆく・・・

しかも、カスタードの中からたっぷりと詰まったほろ苦い濃厚な甘さの
ヌガティーンと、ザックザクの香ばしいタルトの生地の相性も抜群!


あのCindyに、“自分など足元にも及ばない甘い物好き”と言わしめたdavidさんの
作るスイーツなのだから・・・うっとりとスイーツな気持ちに誘われるのも当然だろう・・・


e0183009_13435762.jpg



ほんのり心地良い温かさのカプチーノと共に・・・


e0183009_13445865.jpg

e0183009_13483649.jpg



トレーの上には、今にも手を伸ばしたくなる美味しそうなパンと焼き菓子。
でもこのパンは自分へのこれまでのご褒美として、大切に持って帰るとしよう。


e0183009_1349279.jpg



クロワッサン


僕にとってdavid painと言えば、このクロワッサンは欠かす事の出来ない、
真っ先に思い浮かべるパンなのだ・・・昨年の夏もいの一番にオーダーしたっけ。


薄い膜のような褐色の表面の層が幾重にも重なった繊細極まりない外観は、
軽くつまんだだけでもハラハラと崩れそうで、しかもしっかりと焼かれていた。

サクサクの軽く香ばしい食感から広がるほんのり甘いバターの心地良い薫り。
端っこの詰まった部分のザクザクと楽しい部分から、渦の一番中心である、
ふんわりととろけるような柔らかな生地に至るまで、絶妙な一体感があり、
クロワッサン全体がバターと生地の様々な美味しさ、風合い、空気感を
存分に堪能する事が出来るのだ・・・うん、何時食べても最高に幸せ!!


e0183009_13501913.jpg



ファントム


そんなスペシャルなクロワッサンをスイーツに仕上げるのだから、davidさん・・・
やっぱり貴方は最高のパン職人だけでなく・・・最高のパティシエでもありますよ!


あの繊細な美しいクロワッサンの表面を覆い隠すどろどろしたクリーム色の塊!!
既に固まっていたが、これはファントム(お化け)の仕業・・・折角のクロワッサンが・・・

・・・何て美味しく“化けて”いる事だろう!!思わず食べる手が止まってしまった!

表面を覆っているどろどろの正体は、ふんわり焼かれたアマンドクレーム。
まろやかな印象の優しい甘さとふわふわした卵の風味がたっ~ぷり・・・
サクサクのクロワッサンも、徐々にもちっとした生地に変化していって、
真ん中には滑らかで優しい甘さのクリームがサンドされていて・・・

こんなにスイートなお化けだったら、もっと襲われてみたい・・・かな?


e0183009_135055100.jpg



レザンいよかん


ポッコリとした可愛らしいまん丸ドームの所々から見え隠れする濃紫の粒々。

思いっ切り大きな口を開けて、豪快にガブッとかみ締めてみると、
サックリと焼かれた香ばしい表面の皮からフルーティーな薫り。
濃厚な甘酸っぱさがギュッと詰まったレーズンと爽やかな
伊予柑の仄かなほろ苦さと甘さが口中に広がっていゆく。

ふかふかの生地との相性も抜群な、スッキリしたフルーツのパン!


davidさんの焼くはシンプルなバゲットからボリュームある食事パン、
スイーツなヴィエノワズリーや焼き菓子まで、どのパンを選んでも、
思わず笑顔がこぼれてしまう美味しさと楽しさに満ち溢れていた。


e0183009_13513636.jpg



きのこ


ほらっ、此処にも可愛くってちっちゃくって、ニッコリ笑顔になっちゃうお菓子が・・・


 あっ、これは奥さまと・・・こんにちは、かわいいスミラーちゃん!


奥さまのスカートの裾に隠れるように此方の様子を窺っている可愛らしい女の子。
その子の手にはディズニーのキャラクターであるスティッチのぬいぐるみが・・・


 スミラーちゃん、“Little Cindy”を大事に持っててくれて、ありがとう!

 それから奥さま、あの夏の日の厚かましいお願いを聞いて頂きまして、
 本当にありがとうございました・・・さっき駐車する際に見てきましたよ。
 とっても綺麗に咲いていました。やっぱりdavidさんの菜園ですね。
 野菜は勿論、お花も元気いっぱいに生き生きと成長していますよ!



昨年の夏の日、僕はElvis Cafeの最後のイニシャルの花の名をdavidさんと
奥さまに告げ、ある一つのお願いをしていたのだ。それは、僕が持参してきた
最後の花の種を菜園の隅に蒔いてもらい、今春、最後のイニシャルの一つ前、
つまり今日、成長した花を頂く為に、再びdavid painを訪れる事だった・・・
※ 勿論ではありますが、フィクションです。

そうだ、最後のイニシャルの花はある女の子の名前から取ろうって・・・
とてもチャーミングで、元気を分けてくれる可愛い女の子の名前から・・・


菜園の片隅に咲く最後のイニシャルの花を丁寧に摘み取った僕は、
davidさんと家族の皆さんに別れを告げて、つくばの街を後にした。

助手席のシートに置かれた紙袋の中に入った小さな素焼きの植木鉢には、
紫色の可憐な花の苗が、車の動きに合わせるようにゆらゆらと揺れていた。


e0183009_134812.jpg



なぁ、ミチル・・・先生、此処まで頑張ってきたけれど・・・やっぱり駄目だったみたいだよ・・・
何とか彼の下に辿り着こうと46の素敵な店と46の綺麗な草花を紹介してきたんだ。
どの店も、どの草花も、この花のように美しく輝いていたよね・・・でも、先生は・・・

でもね、最後のイニシャルの店で・・・あの人に会えるかも知れないんだよ!
Cindyについての重要な手掛かりを握っている、あの物語に出てくる女性とね。
それが、此処まで頑張って来た僕に出来る最後のショーだと思ってくれないか。


更に、この物語を見て下さった僕の知らない方たちにも了承して頂きたいのです。
直接彼の口から聞く事は出来そうにありませんが、彼女は快く応じてくれたのです。
ですので、次の・・・最後の・・・あの橋のムコウ側で、どんな事実を知る事になるか・・・

・・・あとね、恐らくこの記事を見ているキミたちだって、彼の事を知りたいのでしょう?
・・・結局、僕はキミたちに利用されてきたんだ。でも、そんな事は如何でもいいのさ!
・・・僕にとって、彼が今、何処で何をしているのか・・・そして何故ブログを止めたのか?
・・・一番初めの「イ」のイニシャルから、僕が知りたかったのは唯その一点だけだから・・・


e0183009_13524052.jpg



そして遂にその日を迎える事となった。桜の花が咲き誇るには未だ早い3月某日。

Little Cindyが指定した約束の日・・・数年前、彼のもう一つの物語の中で、
主人公の日記が不可解な終了を遂げたとされる、まさにその“記念日”を・・・


menuの通り、次回がElvis Cafeの最終回となります。このような趣味性の高い、
また稚拙な文章及び写真を、此処まで見て頂きまして本当にありがとうございました。
それから、此方の申し出に快く応じて下さいましたお店の方にも厚くお礼を申し上げます。
[PR]
by mary-joanna | 2010-04-19 18:45 | 酔ひもせず
<< ス.Walkin' W... モ.桃の蕾が綻ぶ頃に >>