<< セ.最後のイニシャルの女の子 ヒ.たった一度の僕の積みパン >>

モ.桃の蕾が綻ぶ頃に

奴との別れの時が近づいてきた。季節は三月も半ば。新たな旅立ち。

両手いっぱいの夢と期待感に、ほんのちょっとの・・・
いや、両手に抱えきれないくらいの不安を胸にしまって、
俺と奴はそれぞれお互いの未知なる世界に向かって
記念すべき最初の一歩を歩み出そうとしていた・・・

幼稚園の入園式で席が隣り合わせになったのが俺たち二人の、そして、
今日まで十数年の腐れ縁のきっかけだった事はなぜか不思議と覚えている。
まだ3~4歳の記憶も定かでない年頃なのに、その日の事は覚えているんだ。
そして、その日からずっと、小中高に渡って、俺と奴は本当に行動を共にしてきた。
それこそマジで殴り合った事も、かたく抱きしめ合った事も、二人っきりで泣いた事も・・・
理由?・・・そんなのは覚えていないけど、とにかく、俺にとって奴は単なる幼なじみとも
友達とも家族とも、どこか違う存在・・・上手い言葉があったら教えてほしいくらいだ・・・
うん、ちょっと照れ臭いけれど、奴は俺にとってかけがえのない存在になっていた。

こうして二人で連む機会も、あの花が綻ぶ頃には終わりを告げてしまうのかと思うと
しんみりとなるものだが、そんな俺の感傷をよそに奴は違う理由で落ち込んでいた。


俺たちはまだまだ回り続けるはずだろう!!こんな所で止まる俺たちじゃないだろう!!
たしかにアレはオマエの・・・そして俺たち二人の一部としてずっと一緒に走ってきたんだ!
だから、オマエの落胆ぶりは俺にはよく分かるんだ・・・でもなぁ、この俺だってなぁ・・・
オマエが愛し続けたアレが、俺のベスパの隣りにない姿なんて考えつかないんだ!

だけど、これも運命かも知れないから、最後に俺たちと一緒に送り出してやろうぜ・・・
二人の愛車に出会い、俺とオマエの思い出がいっぱい詰まったいつもの店でさぁ・・・
優しくて穏やかで、いつでもロックし続けるマスターのいる俺たちの秘密基地へ・・・


e0183009_1148441.jpg



 なぁ・・・もう仕方が無いだろう・・・
 あれは元々ボロだったんだし・・・
 それに、もう十分乗りまくっただろう?
 
 むしろ、逆によくあそこまで走ってくれたと思うぜ、オレは・・・
 だからさぁ・・・って・・・おいっ、いい加減元気出せってよ!!
 いつものオマエらしくね~んだよっ!!下ばっか見て・・・
 それになぁ、今日はオレがおごるって言ってんじゃん!
 今までなかなか無かったぜ、オレがおごるなんて・・・

 あれっ、早かったかな?・・・まだOPENしてないのか・・・
 じゃあさ、店の前にある例の公園で時間つぶしに少し遊んでいこうぜ!
 久しぶりだなぁ、ここに来るのも・・・この公園で遊んだのっていつだっけ?


 コレ覚えてるか?あの時オレがあんまり速く回し過ぎたんで、
 オマエ、目を回してしばらくの間地面にぶっ倒れてたよなぁ~
 あれ、たしか小学生になったばっかくらいの頃だったっけ?
 あれからもう、10年以上も前になるんだなぁ・・・



e0183009_11485919.jpg



 おお!コレコレ・・・この飛行機の操縦席に座る順番でよくケンカしたよなぁ・・・

 ケンカと言えば、小学校の卒業文集でオマエが将来の夢にパイロットって書いて、
 オマエみたいな勉強嫌いがなれる訳ね~じゃん!って言ったらすっげ~怒りまくって
 つかみ合いのケンカしたっけ・・・オレたちの乗り物好きは今も変わんね~けどな・・・


 
e0183009_11491170.jpg



 おい、コッチ来いよ・・・ん?・・・なに照れてるんだ?
 
 オマエ、このかわいい系のやつも大好きだったじゃんか!
 クリクリっとした大きな瞳が・・・なんだよ、懐かしいだろ?


 あれ?・・・そろそろOPENの時間になるぞ、行ってみようぜ!!

 

e0183009_10584264.jpg



 周りはとっても静かだし、すぐ目の前にこんな広々とした公園もあって・・・
 しかもすっげ~いい天気だし、メッチャ気持ちいいよなぁ~・・・って・・・

 おいっ、オマエ・・・ホント、いい加減にしろ!!!落ち込み過ぎなんだよ!!!
 ほらっ、店が開いたからさっさと行くぞ・・・はやくついて来いよ!



e0183009_1059775.jpg

e0183009_10592963.jpg



天然雑貨屋 ヒノデカニ商店 & 蟹三カフェ


 マスターが描いたこの看板・・・初めて来たときたしか俺、ヒノデカニ商店と・・・
 蟹三のコトを“かにさん”って読んじゃって・・・いまだに“かにさん”だもんなぁ!
 それに、この日の出とカニのトレードマークは・・・そう、俺たちのチームの・・・
 “ヒノデカニ軍団”のトレードマークになったしな!!・・・俺たち二人のなっ!

 そして、下のコーヒーのイラスト・・・いつ見てもほんわかで和むよなぁ~♪



e0183009_10594879.jpg



 それにしても何回来てもココは高原のロッジみたいで・・・すっげ~気持ちいいなぁ~
 だって正面全部、ウッドデッキなんだぜ!!なんだか爽やかな気分になってくるんだ!

 それにデッキに置いてあるテーブルだって、元々は・・・



e0183009_110650.jpg



 どれどれ、今日のスペシャルサンドは・・・あっ!!
 やった、ふわふわオムレツとボロニアソーセージだ!

 マスターの奥さんが作るスペシャルサンド・・・サイコ~にウマいもんなぁ!!

 じゃあ中に入ろうぜ・・・こんちはぁ~ッス、俺らですよ~!!



e0183009_1105754.jpg



 あぁ・・・相変わらず爽やかな木の薫りが気持ちいいッスよ~!!
 この木の薫りって・・・ホント、初めての時から変わりませんね!

 それにマスターの店で売っている雑貨だって、どれも天然素材のなんでしょ?
 バイクと車が好きなマスターらしくない気が・・・えっ、全然分ってないなって?
 
 まいったなぁ・・・またそれ言われちゃったじゃないッスかぁ~・・・でもホント・・・
 俺、不思議で仕方がないんですよ・・・だってここにいると機械と自然とが・・・
 何てゆ~か、マブだちって感じで・・・学校で教わったのと違うなぁって・・・
 なぁ、そうだろ?・・・オマエもいつも言ってたじゃん・・・おいっ、まだ・・・



e0183009_1111531.jpg



 おお、これこれ・・・“ヒノデカニのパン”の木箱・・・ここまでやるもんなぁ~!!
 で、中にはこの手ぬぐい・・・どれもカワイイ柄で、俺でも思わず欲しく・・・!?

 何あれ、チョコレートぉぉ~~~!?・・・マヂですっげ~カワイイよ~!!
 このチョコ柄手ぬぐい・・・バレンタインに欲しかった・・・彼女?・・・いや・・・

 ん?・・・おい、オマエ、さっきまで落ち込んでたくせに、何が「ぷ」だ!!



e0183009_1113486.jpg



 あと、何と言ってもこの“牛乳の受け箱”もなんかいい感じだよなぁ~!! 

 最近のはみんなプラスチックのばっかで木の箱なんて珍しいけど、
 やっぱりマスターの店っつたら・・・天然の木じゃないとね~!!
 目立つ黄色とトレードマークがバッチリきまってんじゃん!



e0183009_1121325.jpg



 おっ、今日はスコーンもあるぞ・・・いつもどっちにしようか迷うんだよ・・・あん?
 両方買って食えばいいじゃんだって?・・・まぁ、そ~なんだけどさぁ・・・

 いつだったかスッゲ~いっぱいチョコの入ったスコーン・・・また食べたいッス!

 

e0183009_1125310.jpg



 いつもの席もこれで見納め・・・
 暫くの間、このテーブルともお別れかと思うと、俺・・・

 栗の木なんて、イガイカを投げつけて中の実を食って、
 栗の木なんて、その時に登るしかないじゃんかって、
 二人して言ってたあの頃が懐かしいよなぁ・・・

 そしたら、今座ってるこの木のテーブルが
 栗の木だってマスター言うからびっくりで・・・

 でも、ホントこの木の触り心地ときたら・・・
 オマエ、いつも頬ずりしてたよなぁ~!?



e0183009_1135526.jpg



 こっちのテーブル・・・昔はなんと、ミシン台だってゆ~じゃないか!!
 コツコツと直してキレイに磨いて・・・ホント、これがエコってやつだよなぁ・・・

 それにこっちの椅子はたしか、廃校になった小学校から譲り受けたんだっけ。
 あの端っこに落書きのキズが付いた椅子がオマエ専用だって言ってたじゃんか!
 ここにある家具は本当だったら捨てられてしまうものばかり・・・それをマスターは・・・

 おっ、そろそろサンドが出来あがったみたいだぞ~!!
 


e0183009_1143441.jpg

e0183009_1152829.jpg



ふわふわオムレツとボロニアソーセージのスペシャルサンド


 おぉ~!!待ってました~!!
 これこれ、この芳ばしくトーストした香り!
 俺、腹ペコペコで、さっそく・・・いただきま~す!!

 カリカリの表面、アツアツでウマい!!
 で、中は・・・ふわふわたまごのオムレツ~♪
 何だかとっても優しい気持ちになるよね~!
 もう、止まん・な・い・・・!!
 そうそう、ソーセージだよ~!!
 ムギュムギュで肉汁じわぁ~で、
 トースト&オムレツにもぴったりで、

 コレ、マジで最高にウマいよ~~!!



e0183009_1164746.jpg

e0183009_117518.jpg



ホットチョコレート


 そして・・・やっぱりこれだよなぁ・・・
 真っ白な湯気と一緒に立ち上る甘~い香りに
 たっぷりとのった、ふんわりクリーム・・・
 ホロッと甘~い、濃厚チョコレート・・・

 もう、俺・・・たまんね~ぜ!!

 ・・・って、おい、オマエ・・・
 まさか泣いてるんじゃ・・・



e0183009_1184688.jpg

e0183009_1193374.jpg



 マスター、今日は本当にありがとうございました・・・コイツのスーパーカブ号・・・
 “ヒノデカニ号”、やっぱもうダメみたいッス・・・今日はここまで押して来たんスよ・・・
 コイツが免許取ってからの付き合いで・・・最初はスーパーカブなんてだっせ~って、
 俺のベスパを見て、恥ずかしいから一緒に走りたくないって言ってたくせに・・・コイツ・・・

 今じゃあ、寝ても覚めても“ヒノデカニ号”の事ばっかで・・・それがもう走らないって知って・・・
 でも、俺たちこの春お互いに別々の進路が決まってこの街を離れる事になったんスよ。
 ある意味、いい機会なんじゃないかって・・・で、最後にこの店に連れて行こうって・・・
 
 えっ?マスター・・・ちょっと待ってなって・・・奥から何を持ってくるんスか!?



e0183009_1122441.jpg



額縁のイラスト


 あぁ・・・マスターってマジで絵がうまいよなぁ~・・・ん!?マスター、そのポスター!!!



e0183009_11231329.jpg



 マスターが免許取って最初に乗ったのもスーパーカブだったんスか!! 

 で、もう走らなくなった時に、そのスーパーカブ号をこのポスターに残して・・・
 そして、このポスターと・・・マスターの心の中でいつまでも元気なエンジン音を・・・

 マスター・・・俺・・・ん?馬鹿野郎っ!!オマエまで泣いてんじゃね~よ!!
 涙もろいのは俺の方だったじゃんかよ!!・・・オマエの“ヒノデカニ号”だって・・・



e0183009_1123366.jpg



「モモ」


 おぉ・・・そう言えば、この桃・・・ちょこっと咲いてきましたね・・・
 前に来た時はまだ全然咲いてなくって・・・ちっちゃな蕾で・・・

 黙ってましたが、この桃が咲く頃には・・・もう俺たちも・・・
 俺たち二人の“ヒノデカニ軍団”も解散かなって・・・

 
 でも、すっげ~カワイイ桃の花ッスね・・・



e0183009_11241494.jpg



 マスター・・・俺たち絶対にもっとでっかくなってマスターのトコに来ますよ!!
 だって、俺たちのトレードマークはなんてったって・・・日の出じゃないですか!!

 ですから、それまでこのベスパと・・・スーパーカブ、預かってくれませんか?
 きっとまた、俺たちみたいなのが来たら、見せてやって欲しいんですよ!
 心の中でかっ飛ばしてる・・・最高にごきげんな“ヒノデカニ号”を・・・



e0183009_11243221.jpg



桃の花が散ってしまう頃には、仲の良い二人はもう離れ離れになってゆく。
この物語の二人の少年もそう・・・あの夏の終わりの中学生もまた然り。
そして・・・そして、僕もまた、彼と離れ離れになってしまうのだろうか?

・・・まだ一度も会ってもいないというのに・・・
[PR]
by mary-joanna | 2010-04-07 00:49 | 酔ひもせず
<< セ.最後のイニシャルの女の子 ヒ.たった一度の僕の積みパン >>